目玉のような飴の玉

知識

よく見るこれですね。

簡単に作れる綺麗な模様の玉。

「球の型」があれば流すだけで作れます。

作り方

「2色」を順に流すだけです。

はじめに何色でもOK。透明な飴を

型の半分まで流します。

その後、蓋して「ラメ入りの飴」を

いっぱいまで流します。

色の種類・ラメの濃さなどで

表情が変わるので、いろいろ試してみると

いいと思います。

作るにあたっての注意1

1つ目は

ラメ入れる時の勢い。

これには注意が必要です。

蓋をして、高い位置から勢いよく

流し込むと、勢い余ってラメ入り飴が

底まで、タッチして止まります。

固まって取り出したものが「林檎のふさ?」

みたいになっている時は「これです」

作るにあたっての注意2

次に、大きさ。

小さ過ぎると、うまくこんな柄になりません。

これは、「なぜ、こんな柄になっているのか?」を

理解すれば、分かると思います。

この柄は、【対流】によって出来上がります。

ラメの入った飴の比重は下がります。

なので上に浮こうとします。

温度の最も高い中心部で上に向かいます。

行き場を失って中心以外は下に逃げます。

そして、その状態がしばらく続くと、この柄になります。

なので、小さかったり、飴の温度が低過ぎると

「対流しない」ので、この柄にはなりません。

応用する

上記のような現象ですから、イメージしながら

何色かのラメを入れてから蓋をしたり

入れる順番を変えてみたり

試してみてもいいと思います。

例えば

赤・みどり・ゴールド・シルバーの

飴をランプ下に用意してから

上記の作業を始めます。

透明を少なめに入れて、そこに柔らかい

4色のラメ入り飴を少しづつ入れます。

そして蓋をしてブロンズのラメ入りの

飴を注ぎます。 すると4色の複雑な色が

交錯する飴玉ができます。

難点は、全く同じものを再び作るのは困難・・・

ということでしょうか。

まとめ

30年前には、無かった技術なのかもしれません。

透明の飴の球体に、驚いていた時代です。

このように発表された「技術」は知ってて損なし。

基本操作として、一度実践してみて

覚えておいて使ってみてください。

※商品リンクは楽天アフェリエイトのリンクを使用しています。

※AmazonのアソシエイトとしてSucre skillは適格販売により収入を得ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました