湿度計って

知識

湿度って飴細工をするには

絶対に無視できない重要ポイントなのに!

湿度計って・・・曖昧です。

個性豊かな湿度計

先日、湿度計を買いにホームセンターに行きました。

どの湿度計の湿度も

40%だったり

45%だったり

まちまちです。

少しずつ数字の違うものから

15%も違うものまで、さまざまです。

Amazonで湿度計を探す。

もちろん、売り物ですし、壊れているわけもありません。

比べてみました

高性能と書いてある¥1500のものを購入。

こんな感じです。

Amazonで湿度計を見る。

25%と41%・・・・ なかなかの差ですw

もちろん買って来てすぐに撮ったものではありません。

2時間ほど置いて、しっかり室内に馴染んでいく

様子も観察しました。

湿度に関しては、目安計でしかないと

思った方が良さそうです。

「湿度は何%でやってますか?」

よく聞かれる質問です。

ずっと使っている湿度計は右の41%なので

「40%前後です」 と答えます。

嘘はついていませんが、ちょっと語弊がありそうです。

というか、この湿度計 どちらが正しいのでしょうか?

正しい湿度は、どのように測れば良いのでしょうか?

湿度とは

そもそも湿度は、気象の定義から言うと

相対湿度 絶対湿度 実効湿度 最小湿度

色々あります。詳しくは以前に書いた↓

湿度は大敵!sucreskill.com/level-of-humidity/

に詳細を書いています。

湿度を確認するには

やっぱり、実際に触って

飴を塊を、置いてみて 引き飴でバラを作って

どのくらい「泣いてくるのか?」

試してみるしかないように思います。

コンディションのいい部屋では

・塊の飴は放置していても、泣きません。

・引き飴のバラ程度なら、丸一日放置してもほぼ痛みません。

そんな環境を作るにはどうするか?

まとめ

結局のところ「除湿機を回しっぱなしにする」

これしかないのでは?と思います。

しっかりと密閉した部屋に、

それなりの除湿機を置いて、ずっと回す。

乾燥に時期なら、いいですが

大体、コンテスト時期とか、制作する期間は

夏場に近かったりしますから

そんな時期には、除湿機を複数台に増やして

作業するときに、「つける」のではなく

その部屋の除湿機は、ずーっとつけっぱなす。

これに尽きるのだと思います。

※商品リンクは楽天アフェリエイトのリンクを使用しています。

※AmazonのアソシエイトとしてSucre skillは適格販売により収入を得ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました