【飴細工】飴板に絵柄を付けよう。吹き付け!刷り込み!

知識

飴細工で作品を作る時に、

デザインは頭を抱える問題の一つです。

そんなデザインの中に「文字・柄を入れたい」

そんなことを、思うことは度々です。

そんな「色粉」で文字や絵柄を飴細工に入れる方法

を今回は紹介します。

Tシャツ君

【Tシャツ君Jr】ご存知ですか?
もとは、Tシャツに絵柄を入れるための
ものですが、【シルクスクリーン】
という、画法を用いたものです。

ネットで簡単に購入できます。

こんな正規キットもあるので

↓夜に作業をされる方はあると便利です。

私は几帳面ですが、こういうところは
倹約家なので、日光の力を借りるとして
上のスクリーンだけを使って作ります。

使い方は簡単です。

まずは絵柄を用意します。

(絵柄は真っ黒で印刷することが必須です)

黒い板の上に「Tシャツくん」を置き
その上に絵柄を下面にして紙を重ねます。

さらにガラスなど透明なもので
【黒板・Tシャツくん・絵柄・ガラス】
の間に隙間がないようにセットし
太陽光に当てて、3~4分待ちます。

その後、流水で洗い流すと

使用済みのため、色が着いています

このように絵柄部分だけ抜け落ちます。

Tシャツくんは
メッシュに紫外線で硬化する乳液が

塗ってあります。光が当たったところが
固まって、それ以外は「水」で
流し取ることができるのです。
そんな風に
刷り込み型ができるので
そこに粘度のある、色粉を
刷り込んだり、吹き付けたりします。

黒で刷り込みました。

黒の色液にコンスターチを加え、炊いて
ペースト状にしたものを刷り込みました。

マスキング

他には、マスキングシートを使うものです。

まずは、絵柄を用意します。

反転で印刷したものです。

こんな風にシール状になっているので
飴の表面に張り付けます。

その上に移したい【絵柄】を固定してカッターナイフで
綺麗に切っていきます。

切れたら絵柄だけを剥ぎ取って、ラメを吹き付ける。

ラメの吹き付けの際、アルコールを
使うので、飴を少し温めておきます。
 (揮発による温度変化でひび割れるのを防止)

裏返します。(裏面に絵柄のほうが綺麗に映えます)

カッターで飴に傷をつけすぎないように注意です。

実際に僕が一番よく使うのはこれです。
いささかの手間はかかりますが
正確に綺麗に【絵柄】を描けます。

まとめ

いささかの手間はかかりますが

どちらの方法も、便利でちょっとした

飴細工のアクセントに、あると重宝します。

少し、文字を書き込みたい・・・

音楽の譜面を映したい・・・

シルエットで人の姿を・・・

いろんなシーンで。いろんなデザインで。

「知ってればできる」典型です。

是非、記憶に留めておいてください。

※商品リンクは楽天アフェリエイトのリンクを使用しています。

※AmazonのアソシエイトとしてSucre skillは適格販売により収入を得ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました