シリコンで型を作ろう。

飴の型

「自作で型を作れれば・・・」
そんなことを思うことはありませんか?
昔は、東急ハンズなど回って
シリコン材を探し回りましたが
今では、ネットで簡単に買えます。
オリジナルの型を自身で作って
作品作りに取り組んでいきましょう。

原型を用意

今回は原型として、この「三角錐」を
型取りしていきます。

まずは、注ぎ口を取り付けます。
(今回細すぎたので、もう少し太目が〇)
そして今回の原型は「木製」なので
アクリルラッカーで表面を
コーティングします。

二面取り

次に、粘土に原型の半分を埋めます。

原型と粘土の境はヘラなど使い
丁寧に丁寧に埋めていきます。

プラダンを使って土手を作ります。
(この作業は【プラダン】が最適だと思います。)

粘土とプラダンに隙間が無いように
しっかりと。後、浅い穴を開けます。

シリコンを流す

シリコンを計量してよく混ぜます。

原型の表面に気泡が着かないように
糸状に垂らして、原型をシリコンで覆います。

徐々にシリコンは固まりだすので、準備が
整ってから、作業を始めましょう。

今回使ったシリコン材はこちらです。

分厚く

2~8時間もしくは翌日の硬化後
(半固まり以降であれば良い)
「シリコン・硬化剤」、他に増粘剤も使って
計量・攪拌後 粘ばりの様子をみて
粘度が足りなければ少し待ちます。
(20~30分ほど)

トップスに入れ、原型を覆うように絞ります。

もう一度シリコンを計量し
今度はサラサラのまま流して絞り目を滑らかにします。

↑最近ではこちらのシリコンがおすすめです。

石膏

シリコンが8時間以上待って、完全に硬化してから
石膏を流します。(水分は硬化の妨げになることがあります)

1~2時間も待たずに、石膏は硬化します。
そうしたら、裏返して最初に埋めた粘土
を取り除きます。

固まったシリコン・原型に粘土が残らないよう
しっかりと綺麗に取り除きます。

2面取り

離型剤を塗ります。
一般的には、バリアコートを使いますが、
今回は、水性アクリルラッカーで代用します。

シリコンとプラダンの間に隙間が生じた場合は
増粘剤を使ったシリコンを角に絞ります。

再び、シリコンを計量し、これに流します。
1度目同様に、絞れる型さのものを。
更にもう一度、サラサラのものを。
最後に石膏を流します。
(必ずシリコンが完全に硬化してから石膏を
水分があるとシリコンが固まらない時があります)

石膏が固まったら、プラダンを外します。
バリヤーコートの代わりに使った
アクリルラッカーは、洗剤で洗い流せます。
また、今回は見やすくするため茶色でしましたが
クリアーを使用すれば、色は気になりません。

まとめ

このように、少しの手間でシリコンの型は作れます。
今回は簡単な形状(三角錐)でしましたが
やり方は、どんな形であっても基本同じです。

自分のオリジナルの型を作って
創作の幅を広げてみましょう。

※商品リンクは楽天アフェリエイトのリンクを使用しています。

※AmazonのアソシエイトとしてSucre skillは適格販売により収入を得ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました