塩ビ中空型【中抜き】

テクニック

塩化ビニールをセロテープで止めて型を作り、飴で「シュミゼ」する技法。

【中抜き】

そんな風に呼んでいます。

塩化ビニールは飴細工をするなら

何かと欠かせない、素材です。

ホームセンターで買って来るのが一般的です。

他には、それぞれのお店の「お抱えの工務店」で

お願いすれば、きっと厚みも含めて

希望のものを安価で用意してくれると思います。

【鬼3連】の型

トップ画像の「鬼と桃太郎」の

上部に3連で突いている型。

この上図の青い3連型も同じ型です。

すごく使い勝手がよくいまだに、よく使います。

下図がこの型の写真です。4㎜の塩ビを使っています。

大・中・小の型(展開図)

画像の左から1→2→3の順にセロテープで止めるだけ。

うまく綺麗にするコツは「バリを出さない」

そのためには、1回テープで回りを止めて

3面の型が出来たら、その上から

もう一度、力を込めてテープを再貼る。

塩ビ同士が、硬くピっとしっかり止まるようにします。

2面取り

中抜きで、4面はあまりしません膨れて、バリが出やすいからです。

上の鬼3連は3面取りですね。

2面取りのものも、よく作りました。

代表的なのがこれ。

この鳥の尻尾がそれですね。

トップに付きますので、ただの板飴では

強度が気になります。

繊細さにも欠けますので・・・

同じ形ですが、少しだけ幅が違う2枚1組

こんな感じの塩ビシートを用意します。

この中の1つを下画像のように

【左画】上下でサイズをずらしてあります。

クリップで淵を止めると

下から見るとこんな感じ。

これに、飴を流し込み、半固まりの飴で口を止めます。

↓こちらは透明の飴で擦りきりで薄い飴板を取ります。

柄は「大革命」を貼って、カッターで切り取ったもの。

・「大革命」というのは、窓に貼るシートで

ホームセンターなどで購入できます。(下図)

「大革命プラス」や「大革命アルファ」でなく「大革命」がいいようです。

両方のパーツを組み合わせてこうなります。

周りだけ、火で炙って、はさみで模様をつけるとしっかり接着出来て、且 模様にもなります。

デザイン性

作品作りで、デザインを考えると

「ライン」なんて言い方をしますが

全体の流れのようなものを、意識すると

こういった「中抜きパーツ」は、すごく使いやすいものだと言えます。

実際に・・・

赤い丸が「中抜きパーツ」 ≪右下ピエロの帽子も中抜きです≫

コンテスト会場でも、頻繁に見ますし

自身の作品では、【使っていない作品】を

探す方が難しいのではないか⁉というほど

多用しています。

中が抜けているので、なんとなく

「強度に心配があるのでは?」という

心配もあるかもしれないが、建築工学では

このような『つくり』で強度が弱くなることは

無いらしいです。

注意!!!

とはいえ、

すごく注意をしてもらいたい事があります!

それは、こういった中空状の作りは飴細工の中で

最も【熱変に弱い】ということ。

・冷えたクーレに火をあてるとヒビが入る。

・飴玉を着けると「ピシッ」と音がする。

など、飴細工は熱変にめっぽう弱い。

しかし、この「中抜きパーツ」はそれよりさらに【弱い】

これは、経験上紛れもなく真実です。

取り扱い注意! でお願いします。

まとめ

注意点はあるものの、【形作りの自由さ】

上部に付けるにあたっての【軽さ】

流しただけのクーレにはない【美しさ】

このパーツを使わない、というのは

いささかもったいない。とも、思うほどです。

今回の上部にある「展開図」を真似れば

その形はすぐにとれるし

自身で独自のパーツ作りをしてみるのも

いいのでは? とも思います。

後、上の9枚の画像の中で赤丸をつけ忘れ

ましたが、右下の【ピエロの帽子】も、

この【中抜きパーツ】で出来ています。

工夫すればあらゆる形を想像できることは

間違いないです。

さておき、基本パーツとしてこんなものも、あるのだ。

ということは知っておいてもらいたいと思います。

※商品リンクは楽天アフェリエイトのリンクを使用しています。

※AmazonのアソシエイトとしてSucre skillは適格販売により収入を得ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました