【飴細工を始める最適簡単配合】シンプルな配合でアメ細工を始めよう。

初心者向け

あめ細工を始めるにあたって

まず、必要なのが【配合】。

飴の配合も人によっては様々です。

できるだけ簡単で、扱いやすい

そんな配合が、あれば始めやすいものです。

お勧めの配合はこれです。

①・グラニュー糖   120g

 ・パラチニット   120g

 ・水        80g

2種類の砂糖を半々。 と水適量。 

しっかりと計量をしなくても大丈夫。

水・パラチニット・グラニュー糖の順で鍋に入れ

火にかけて165℃になったら、マーブル台の上に

シルパットを敷いて、そこに流します。

何よりも簡単で扱いやすいのでお勧めですね。

↓色粉を入れるときは、こんな感じに↓。

最初から入れておいて問題ないですね。

色粉を溶くシロップの配合

色粉を溶かす動画を見てもらえます。

・水       70g

・グラニュー糖  70g

・色粉      1g

100均で買ってきたボトルを使っています。

炊きあがってすぐだと、容器が熱で

「グニャっ」と変形してしまいます。

少し熱が取れてから、容器に色粉とシロップを

入れて「フタ」をして振るだけです。

色粉が多すぎると、溶け切らず

ボトルに詰まったりします。

引いた後の引き飴の色を見極める

もちろん炊いている最中に色の調整もOKです。

140℃くらいまでに済むといいですね。

色粉水溶液(赤・青・黄)を入れて調整。

引き飴で緑色を作る分かり易い動画


こんな風に、ペーパータオル・ダスターなど

白いモノの上で、色を確認します。

↑この時点では、ペーパータオルの上では緑。

↓シルパットの上の飴は、黒のように見えますね。

飴の色は「↑引く前」と「↓引いた後」 見比べると歴然です。

こうやって見てみると

ずいぶんと色がわかり易いですね。

ある程度の色はこれで、イメージ出来ます。

濃い色を着けたいときは

色粉を粉のままグラニュー糖に入れて混ぜます。

(ペクチンをグラニュー糖に混ぜるのと同じ)

しっかりと混ぜて ダマにならないように。

その他にはこんな配合も。

昔からある基本配合!といった感じのもの。

②・グラニュー糖   200g

 ・水        50g

 ・水飴       30g

 ・酒石酸      少々

水・グラニュー糖を鍋に入れ、火にかけて

溶け切ったところで水飴を入れます。

160~180℃(高温で飴が硬くなる)の範囲で

酒石酸は水溶きにして、150℃程度で入れ

軽く混ぜてしっかり沸かし

所定の温度で上記同様、台に流します。

各々の特徴

①と②の配合の特徴としては

①簡単に計量ができ、計量もカップで目分量でよい。安定していて、変質しにくい

②艶は出易いですが 泣きやすく(溶け易い)不安定で再結晶も、し易い。

自分にとって使いやすい配合を

試して、見つけましょう。

↓飴細工を始めるときに参考にした本です↓

ほぼ、この本とガトー誌だけで勉強しました

まとめ

飴細工を、始める時には

当然、配合は気になると思います。

迷うようなら①の配合で

始めてみてください。

無難な配合です。

それから、自分に合ったものを

考え始めればOKです。

※商品リンクは楽天アフェリエイトのリンクを使用しています。

※AmazonのアソシエイトとしてSucre skillは適格販売により収入を得ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました