【飴細工】バラの猛練習。

初心者向け

飴細工を始めた頃、「200個作れ!」

そう、お師匠に言われて、作りました。

いろんな形のバラ。

大きいものも。小さいものも。

白・赤・黄色・ピンク・紫 etc

こんなにも作って、意味あるの?始めはそう思うのですが

「しっかりと意味があります」

やってみなきゃ分からないことです。

目指せ200個

とはいえ、作るだけ作って捨ててしまう・・・

では、モチベーションも上がりません。

なので、作ったものは大事に保管しましょう。

そして、沢山できた「バラの花」のブーケを

作ってみてください。

すごく綺麗な花束が出来上がります。

以前、専門学校でも生徒さんが練習で作ったバラ。

いつもは「タッパーで持ち帰る」なんですが

その日は、前に持ち寄って一つの作品に。

色とりどりのバラの花で作られた花束。

バラの花ばっかりに少しの緑。

それだけで十分な「作品」になります。

子供達のモチベも上がって、作るバラが

キラキラします。

楽しく作ったバラの花も。

夜な夜な練習に明け暮れたバラの花も。

沢山寄ればとても綺麗な花束になります。

沢山出来たバラたちを

【飴細工】How to make a rose bouquet いっぱいのバラの花でブーケを作りました。

こんな風にアレンジして、花束にして

飾ってあげてください。

きっと練習のモチベーションも上がるというもの。

まとめ

器用で、そう練習しなくても上手にこなす人。

なかなか上手くならなくて一生懸命練習する人。

人によって、タイプは様々ですが

多くの時間を本気で注ぎ込まなければ

本当の意味で「スペシャリスト」にはなりません。

「働き方」等で、仕事場に立っていられる時間が

減ってしまったこの時代。

自ら意識して、自分のやりたい事に

自分の時間を、注ぎ込まないと「充実」という

ご褒美はもらえません。

それぞれの環境によって、出来ることは

違えど、誰かの言うことに流されるでなく

お国が決めた範囲に、自分を押し込めるでなく。

本当に自分のやりたいことを

「やり通せる」

そんな自分でありたいものです。

※商品リンクは楽天アフェリエイトのリンクを使用しています。

※AmazonのアソシエイトとしてSucre skillは適格販売により収入を得ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました